AGA治療法のいろいろ

 

薄毛を改善するためにはいろいろな方法があります

 

男性ホルモン異常や遺伝以外にも、最近では仕事などのストレスや生活習慣の偏りでAGAになる人の数は多いです。原因や病態がそれぞれに違うためAGA治療の方法も1つではありません。原因を分析しながらさまざまな方向から治療を続けることになります。

 

多くのクリニックでは内服薬と外用薬を用いることが多いです。内服薬で代表的なのはプロペシアです。外用薬はミノキシジルを処方されることが多いです。
プロペシアはAGAの原因と言われる男性ホルモンDHTの働きを抑制してくれ、ミノキシジルは頭皮の血行をよくしてくれます。これらを使うことで発毛や育毛を促す効果をもたらすのです。

 

施術を伴うAGA治療法もあります。最近ではメソセラピー療法・HARG療法などが新しいAGA治療法として注目を浴びています。髪の毛の成長を促す成長因子という栄養分を頭皮に直接注入して発毛・育毛を促すのです。
自分の毛を毛根ごと皮膚を採取して毛根の無い部分に移植するという自毛植毛もAGA治療法の一つです。

 

薄毛治療にどれくらいの予算が掛けられるかというのも治療法選びには重要です。内服薬を服用したり外用薬を塗ったりというのに比べて施術が伴われるとそれだけ確実性は上がりますが、費用の面でも高くなりますし大掛かりなものになります。

 

内服薬など即効性はありません。継続して使用することでようやく成果が現れてくるものなのです。できるだけ早く即効生やしたいというなら自毛植毛となるでしょう。

 

AGA治療法はさまざまありますが、どれも100パーセント髪の毛が生えてくるという保証はありません。費用の高い自毛植毛でさえ頭皮に付かなかったら抜けて終わりです。それぞれの治療のメリットデメリットも知りながら、専門の医師と相談の上で治療方法を考えるようにしましょう。多くのクリニックで無料カウンセリングは行なっています。

 

ただ、治療薬を使用するのと平行して生活習慣の改善など根本の原因を直すようにすることも大切です。