AGA治療の病院の選び方は?

最近ではAGAという言葉も一般的になってきています。しかし、男性の薄毛のすべてがAGAというわけではありません。AGAは男性型脱毛症といい、額の生え際や頭頂部の毛髪から薄毛が進行していくという脱毛パターンがあります。AGAはホルモンの関係や遺伝的要素で起こる可能性が高い脱毛症であり、若い男性の間にも見ることができるという特徴があります。

 

AGA治療・薄毛治療の病院・クリニックの選び方ガイド

 

また、AGAは病院で治療できる可能性があり、これは大変に画期的なことです。従来の薄毛の改善は育毛剤や頭皮マッサージなどによって現状維持することが主流でした。しかし、病院では発毛を目的とした治療を行います。具体的には医師による診察・検査を経て内服薬や外用薬によって薄毛を治療していきます。しかしAGA治療はどの病院でもできるというわけではありません。AGA治療のクリニックを選ぶ際には、できるだけ専門性の高い治療を行うクリニックを選んでください。

 

大都市部にはAGA治療の専門病院、頭髪専門外来があります。これらは全国的にはまだあまり多いとはいえませんが、皮膚科や内科でAGA治療ができるようになってきています。お住いや職場の近くの皮膚科などでAGA治療を行っている可能性があります。遠くに通院することが困難な場合、近くのクリニックを確認してみることをお勧めします。病院では一人一人の薄毛のタイプを見極め、最善の治療を施します。治療の方法は患者によって異なり、効果が出る期間も人それぞれです。

 

長い期間がかかり、費用の負担も生じてきます。このようなことを念頭に置いて、安心して受診できる病院、信頼できる医師を探してください。専門病院ではAGA治療のカウンセリングを実施している場合があります。専門のスタッフから治療方法や費用に関しての説明をあらかじめ受けることができるので、AGA治療に不安がある場合にはこのようなものを受けることもお勧めします。なお、カウンセリングに関しては無料で行っていることもあります。

AGA遺伝子検査とは、遺伝子レベルで薄毛の原因や有効な治療薬を調べる検査です。

検査そのものは簡単で、口内の粘膜を綿棒等で採取するだけです。しかし結果が出るには2〜3週間ほどかかります。病院でこの検査を受けると約3万円ほどかかります。大きな出費ですので躊躇う人も多いことでしょう。

 

AGA治療・薄毛治療の病院・クリニックの選び方ガイド

 

しかし、AGAの治療を本気で考えている人は、まず最初に遺伝子検査を受けるべきです。原因がわからないのに治療を始めても、充分な効果が得られない可能性があります。治療法を絞り込む上でとても意味がある検査です。例えば遺伝的に薄毛であるかどうか特定するだけで、治療の方針はガラリと変わります。薄毛の遺伝子がなければ、遺伝が原因ではない、つまりほかに原因があることになります。食事や睡眠など、生活習慣を見直すことで改善する可能性が高いでしょう。一方で遺伝的に薄毛であることが分かれば、薬などを使った治療を始めることができます。

 

薄毛治療に使われるフィナステリドという薬が体質的に合うかどうか、効くかどうかも分かります。フィナステリドは頭皮の治療に使われる薬ですが、効かない人もいます。結果が出るまでにある程度時間を要する薬ですので、検査をせずに治療を始めると、効かない人に何ヶ月も投与し、結果は無駄だったというような事態も起こりえます。これでは時間ももったいないですし、何より費用がムダになります。その費用でAGA遺伝子検査費用は充分に賄えるでしょう。

 

AGA遺伝子検査は、病院で受けるほか、専用キッドを購入して自分で遺伝子採取をし、検査機関に郵送するという方法もあります。病院では診察代などがかかりますので、専用キッドを使うほうが安く済みます。専門医の指導の下、本格的に治療を始めたいという人は、はじめから病院で受けるほうがよろしいでしょう。しかしまずは結果だけが知りたい、病院へ行くかは結果を見て決めたい、という人は、専用キッドを使うのも1つの方法です。採取、郵送という手間だけで費用は半分以下です。

AGA治療する前に知っておきたい「5αリダクターゼ」の解説

 

AGA治療・薄毛治療の病院・クリニックの選び方ガイド

 

AGAとは、男性型脱毛症のことで、成人男性に多くみられる薄毛や抜け毛の状態で、生え際や頭頂部の髪が薄くなって行くのが特徴です。

 

ストレスや喫煙、遺伝が原因となることもありますが、主な原因は男性ホルモンだと考えられています。
AGAとは、髪の毛の正常なヘアサイクルが崩れ、成長途中の髪の毛が早期に脱毛の準備をはじめてしまうことから薄毛になっていきます。このヘアサイクルを乱す原因物質がDHTと呼ばれる男性ホルモンで、DHTが毛根にあるアンドロゲンレセプターという受容体に結合することで、毛根への血流が低下し、十分に髪の毛が成長できなくなってしまいます。
DHTの元はテストステロンという物質で、このテストステロンは髪の毛を太く発育させる作用をもつものです。これが毛根近くの皮脂腺に存在する5αリダクターゼという物質の影響を受けてDHTに変化することでヘアサイクルを乱してしまいます。

 

AGA治療には、この5αリダクターゼの活動を抑制することが重要となります。
AGAは早期に治療を行うことが大切です。軽度の薄毛の場合には市販の育毛剤などを使用すれば改善することもありますが、なかなか改善がみられない場合には、AGA専門のクリニックで治療を受けることをおすすめします。
専門のクリニックの場合、もっとも適した薄毛治療を提供してくれますし、最短で改善効果を実感することができます。
一般の皮膚科の場合には、個人の特性まではなかなか配慮してくれないので、一般的な治療法しか選択することができませんが、専門のクリニックなら十分なカウンセリングや診察を経て、内服薬や外用薬を処方してくれます。
5αリダクターゼによって長い間ヘアサイクルが乱れた状態では、毛根が活力を失っていて新たに生えてくる毛も細くて弱いものになります。治療が遅れることで強くて太い毛が生えるのに時間がかかってしまうので、早期に適した治療を行い、毛根を復活させることが大切です。

AGAの症状|抜け毛はどう進行していく?

 

AGA治療・薄毛治療の病院・クリニックの選び方ガイド

 

AGAというものは男性型脱毛症のことで、男性ホルモンの影響によって薄毛が進行していくものと考えられています。
AGAの特徴としては、時間が経過するにつれて抜け毛が増えていくということが挙げられます。
その脱毛の進行にはパターンがあり、頭頂部から髪の毛が薄くなっていくタイプのものや、額の生え際が後退していってM字ハゲの形になるタイプ、またはこれらの混合タイプが存在しています。

 

頭皮にある毛乳頭の細胞の中には、男性ホルモンを受け入れるための受容体があり、個人差に応じて男性ホルモンの影響を強く受ける部分と、そうではない部分があります。
どの部分について強く影響を受けるのかによって、薄毛が進行していくパターンが異なることになります。
東洋人に多い薄毛のタイプとしては、額の生え際から徐々に薄毛が進んでいくもので、A型脱毛という呼び方をする場合もあります。

 

A型脱毛が発症しているときには、後頭部や側頭部については髪の毛が残ります。
AGAの代表的な薄毛の進行パータンとしては、M字型の脱毛があり、額の中央部分の髪の毛が残った状態のままで、左右の生え際から薄毛が進んでいきます。
中央部分が残ったままであることから、初期の段階から薄毛が進んでいることに気付かない人もいます。
頭頂部であるつむじの付近から、円を描いたように髪の毛が薄くなっていくパターンのものをO型脱毛と言います。
O型脱毛のときには、本人の目では真上からの状況を正確に把握することができないことから、他人から薄毛が進んでいることを指摘して気付くことが多いです。
日本人でAGAの症状が現れたときには、生え際が後退していくよりも先に頭頂部から薄くなっていくことが多いと言えます。

 

M字型とA型が混合して進行していくこともありますので、自分にとってどのような薄毛の進行パターンとなっているのか把握しておくことは重要であると考えられます。
薄毛の原因がAGAであるときには、男性ホルモンによって引き起こされているものですので、専門のクリニックなどに通うことで、治療薬の服用を試すなどの改善方法を行うことがおすすめとなります。

女性の薄毛「FAGA」の原因・症状・治療方法について

 

AGA治療・薄毛治療の病院・クリニックの選び方ガイド

 

FAGAは男性型脱毛症であるAGAの女性版とも言える症状です。頭文字のFは、英語で女性をあらわすFemaleから来ています。FAGAの原因として最も大きいとされているのが、ホルモンバランスの乱れです。女性ホルモンは発毛や育毛に対して大きな役割を果たしています。

 

そのため加齢やストレス、生活習慣の乱れなどによって女性ホルモンの分泌量が低下すると、発毛や育毛が行われにくくなります。

 

また女性の体内にも、微量ながら男性ホルモンが分泌されています。よって女性ホルモンの分泌量が低下すると言うことは、相対的に見ると男性ホルモンの分泌量が増えることにもなります。男性ホルモンには過剰に皮脂を分泌する作用があるため、そのことで頭皮の健康状態が悪化して、発毛や育毛が阻害されやすくなるのも原因のひとつです。FAGAの症状は、頭頂部や前頭部に薄毛、脱毛が広がっていくAGAとは異なり、頭部全体に薄毛や脱毛が広がっていくのがひとつの特徴です。また本格的な薄毛、脱毛に進行する前に、髪の毛のボリュームが著しく減少する、そのことによって分け目が目立ちやすくなると言った症状が出てくることも多くあります。

 

まれにFAGAでも、AGAと同じように頭頂部や前頭部に限った薄毛、脱毛があらわれることもありますが、男性とは異なり、完全に髪の毛が抜け落ちてしまうと言うことはないとされています。FAGAの治療に関しては、乱れてしまっているホルモンバランスを整えること、不足している女性ホルモンを補うこと、それと共に頭皮の健康を保つことが挙げられます。強いストレスや生活習慣の乱れを自認している人は、まずはそれらを取り除くことが必要です。女性ホルモンを補うことには、サプリメントなどが使用されることもあります。

 

そして頭皮の健康を保つことに関しては、その血行を促進させ十分な栄養を毛母細胞に届けること、乾燥を防ぎつつ余分な皮脂を除去することが有効です。たとえば頭皮マッサージや、洗浄力に優れながらも頭皮にやさしいシャンプーの使用などが必要です。病院を受診することで適切な治療方法を見出すことができるので、まずは病院相談することが大切です。

 

薄毛関連お役立ちHP

更新履歴